絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

結果に対する執着を手放すとは、心の力を抜くこと

 

ブログタイトルが

「絶対幸せになってやる。」

 

なのに、

 

説明文に

「とはいえ、無理に幸せになることもないw」

って書いているのは、

何故なのか。

 

それは、

 

願う、けど、

その願い=結果

に対する執着を手放す

 

ということを表したいからです。


「強く思えば叶う。」

「(ポジティブに)思い続けないと叶わない。」

 

などと言われますが、

私はその方向では苦しくなる一方でした。

 

「絶対そうなりたい!」「早く、早く!」

「なんでそうなれないの!」「なにが悪いの!」

 

・・・とかってなっちゃうんだよねー。(ノД`)

 

「できる」とか「そうなれる」なんて、

そんなこと微塵も感じられないんだよねー。

 

願えば願うほど、強く思えば思うほど、

ネガティブ全開になっちゃうんだよねー。Σ(ノ∀`)ペシッ

 

あはははは。・・・・・シクシク(ノД`)・゜・。


私は今は、何かを願うってことはあまりなく、

願いたくなった時は、願いについてハゲるほど考えた挙句、

結局、

 

「結果に対する執着を手放させて下さい」

 

って祈ってます。

 

今は、基本的に、

 

願おうが、願うまいが、

そうなる時はそうなるし、ならない時はならない。

必要なことが必要なタイミングで起こっているはず。

 

と思っているからです。

 

あ、とはいえ、

一喜一憂とか、感情のアップダウンは、モチロンありますよ~。

(で、一憂してる時とか、ダウンしてる時とかが、

 やっぱり願いたくなる時かなw)


願いを強く思うあまりに、心に力が入ってしまうと、

しんどくないですか?

(絶対そうならないと困る!的な心の力ね)

 

おぼれたくない。と強く思うあまりに、

体に力が入ってしまうと、

水に浮かなくてしんどいのと同じように。

 

だからといって、

泳ぐのに力を全然使わないわけではないですよね?

 

でも、

泳げない時や、泳ぐのが苦手な時は、

どう力を抜いたらいいのか、

力を使うべきところはどこなのか、

分からないですよね。

 

練習したり、試行錯誤したり、

数をこなしていくうちに、

体得していきますよね。

 

でもやっぱり一番大事なのは、

体の力を抜くことですよね。

 

生きていくことや、何かを願うことも、

同じかなぁと思うんです。

 

どう力を抜くか、力を使ったほうがいいのはどこか。

自分なりに試行錯誤して、体得していくしかないかなーって。

 

でもやっぱり一番大事なのは、

力を抜くことだと思うんです。

 

ブログタイトルに関していえば、

「絶対幸せになってやる。」

と思うんですけど、

 

「・・・ま、どっちでもいっか。」

ぐらいの気持ちの余裕がほしいというか。

焦らないのが大事っていうか。

 

それにね、幸せの形も人それぞれだし、

「今の自分」が欲しいと思ってる「幸せ」って、

勘違いかも知れないしね。

 

そもそも、幸せって、

「なる」ものじゃなくて、「感じる」ものだったし。( ̄▽ ̄)

(これはブログタイトル決めた時にはまだ気づいてなかった。ゴメンw)