絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

協調性が大事なのか個性が大事なのか。30日間チャレンジ3日目

 

個性が大事といいつつ、

個性的過ぎると敬遠して「協調性がない」と評価する。

 

結局は協調性を第一として、

出る杭は打つのが日本社会かなと思います。

 

日本だけじゃなく人間の性質がそうなのかもだけど。

 

とはいえ、

個性的過ぎが過ぎると、打っても引っ込まない杭だと、

認めるしかなくなって、もてはやしたりもする。

 

でもやっぱり我慢ならなくなって、打つ。

 

カエサル(ジュリアス・シーザー)も織田信長も、

最終的には討たれたもんね。

 

でも、

 

協調性を優先して個性を押さえるのか、

(自己主張せずただ耐えてストレスを溜めたり自己犠牲感を持つ)

 

煙たいと思われることがあったとしても、

協調性より個性を優先するのかは、

(賛同しない人はいるかもしれないけど、自分のしたいことをする)

 

自分で決めることです。

 

子供の頃は、

親という他人に従わないと生きられなかったかも知れない。

親という他人に嫌われるのは恐怖だったかも知れない。

 

でも、これを読んでいる今は大人ですよね。

 

他人の目や他人の評価を優先して、

自分のしたいことをやらずに我慢するのか、

 

合わない他人は出てくるかもしれないけど、

自分のしたいことをやるのか。

 

自分で決められます。

 

万人に好かれ賛同されるのは無理だと受け入れること、

賛同されず嫌われるかもしれないリスクを取る勇気を出すこと、

これができれば、自分で決められます。

 

だけどそもそも、

自分を押さえていてさえも、我慢に我慢を重ねていてさえも、

万人に好かれ賛同されてはいないでしょう?

 

それどころか、

好かれたい人にこそ、好かれてなかったり、していませんか・・・(涙)

 

協調性を優先しようが、個性を優先しようが、

嫌われる時は嫌われるし、好かれる時は好かれるんです。

 

なら、

個性を優先したほうがいいな、

自分の生きたいように生きたいな、

と今の私は思うんです。

 

といっても、

バランスですけど。

 

会社という組織で仕事をする時は、

どちらかといえば協調性を優先しつつ、

個性も出していくという感じ。

 

でも会社の飲み会なんかは、その時の気分で。

行きたくない時は行かないけど、参加ゼロの勇気は私にはないから、w

必要最低限ぐらいで参加する感じ。

それでもし陰で「付き合い悪いな~」って言われてても、

別にいい。というかしょーがない。

 

 

・・・とまあ、

個性を優先しつつ、協調性があるように見せかける、

というスキルは、

今まで空気を読みまくってきて培われたものじゃないかな。

と思うんです。

 

ということは、

これを読んでるあなたにも身についてるスキルなんじゃないでしょうか。

考え方をちょっと変えて、勇気を出すだけ。

 

 

というわけで、

自分らしい30日間チャレンジをしてね♪

3日目だけど、他のものに変えるのもアリだよ!w